ラッセル・クロウ

ニュージーランド・ウェリントン出身。ノルウェー、アイルランド、スコットランド、ウェールズの血を引く。両親が映画の撮影現場のケータリング業を営んでおり、4歳の時にオーストラリアに移住。6歳の時にドラマに出演するチャンスを掴み、何本かのオーストラリアのテレビに出演。
14歳の時にニュージーランドに戻り、オークランド・グラマー・スクールに進学するが、中退。ロックバンドに参加しシングルを出す。21歳の時に再びオーストラリアに移る。
1990年に『ザ・クロッシング』で本格的に映画デビュー(映画初主演作品でもある)。1995年に『クイック&デッド』でハリウッドにも進出、以来、非常に多彩な役をこなせる俳優として注目されている。
2000年公開の『グラディエーター』でアカデミー主演男優賞を受賞。翌年公開の『ビューティフル・マインド』でゴールデングローブ賞 同人誌主演男優賞 (ドラマ部門)を受賞。
オーストラリアのロックバンド「30 youtubeOdd Foot Of Grunts」のリードシンガー、ギターリストでもある。1992年より活動しているバンドは商業的に成功を収めたわけではないが、これまで三枚のアルバムをだしている。ナショナル・ラグビー・リーグのサウス・シドニー・ラビッツのオーナーでもある。


05/24 14:43

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

役所広司

役所 広司(やくしょ こうじ、1956年1月1日 - )は、長崎県諫早市出身の日本の俳優。本名は橋本 広司(はしもと こうじ)。現代の日本映画を代表する俳優である。
ワイ・ケイ事務所所属。身長179cm。俳優・仲代達矢主宰の無名塾出身。
当初は逆援助所属する無名塾の舞台公演やテレビドラマの男優として仕事をし、主に時代劇で評価を得ていた。1983年のNHK大河ドラマ『徳川家康』の織田信長役で注目を集め、翌1984年のNHK新大型時代劇『宮本武蔵』の主人公・武蔵役で初めて主演に抜擢され、好評を得る。民放の時代劇作品では、『三匹が斬る!』シリーズなどが代表作。

映画では、伊丹十三監督作品の『タンポポ』などに出演。1988年の日本・スイス合作映画『アナザー・ウェイ ―D機関情報―』(西村京太郎の小説『D機関情報』の映画化作品。山下耕作監督作品)の主人公・関谷海軍中佐役で映画初主演を果たす。『オーロラの下で』で初めて日本アカデミーセフレ賞の優秀主演男優賞を獲得する。95年、『KAMIKAZE TAXI』(原田眞人監督)で毎日映画コンクール主演男優賞を受賞。 後にインタビューで「この賞が一番嬉しかった。」と語る。


05/12 15:00

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

モーガン・フリーマン

2004年『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。その他『ショーシャンクの空に』『セブン』などのヒット作に出演歴があり、その安定感と味のある演技によってアメリカのみならず世界各国で賞賛を浴びる実力派国際俳優であり、最も名誉ある俳優の一人である。身長189cm。左利き。
1937年6月1日、テネシー州メンフィスに出生。父モーガン・ポーターフィールド・フリーマン(1961年肝硬変により死去)は逆援助床屋で、母メイミー・エドナは清掃婦だった。モーガンには3人の兄がいる。フリーマン家はミシシッピ州グリーンウッド、インディアナ州ゲーリーなど多くの地を転々とした後イリノイ州シカゴに居を据えた。モーガンは8歳の時学生演劇で主役を務めている。
12歳の時には州の演劇コンクールで優勝し、高校時代にはテネシー州ナッシュヴィルでラジオ演劇に出演していた。1955年、ジャクソン州立大学の演劇奨学金を断り合衆国空軍へと志願した。
1960年代前半、モーガンはロサンゼルスへと移住。ロサンゼルスの短期大学に事務員として勤務した。一時期はニューヨークにも住んでいたことがあり、1964年に開かれたニューヨーク万国博覧会でダンサーを務めた。またサンフランシスコではオペラ歌劇団にも所属していた。
モーガンの実質的な役者デビューは巡業劇団に所属していた時に出演した『The Royal Hunt of the Sun』という劇で、1965年公開のライブチャットシドニー・ルメット監督の『The Pawnbroker』という映画にも出演している。1967年には『The Niggerlovers』でヴィヴィカ・リンドフォースの相手役としてオフ・ブロードウェイにデビュー、翌年の1968年には役者全員が黒人バージョンの『ハロー! ドリー』でブロードウェイの舞台に立った。


05/03 16:28

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

リヴァー・フェニックス

リヴァー・ジュード・フェニックス(River Jude Phoenix, 1970年8月23日 - 1993年10月31日)は、その世界的な人気をもって『カリスマ俳優』と呼ばれた、アメリカ合衆国出身の映画俳優。
母がNBCの職に就いたことで10歳にして初めてテレビに出演。CMやテレビシリーズの逆援助仕事を経て、1985年、『エクスプロラーズ』で映画俳優としてのデビューを飾った。翌1986年には青春映画・『スタンド・バイ・ミー』への出演で注目を集める[3][4][6]。
1988年出演の『旅立ちの時』でアカデミー助演男優賞にノミネートされるなど、数多の映画への出演をもってスターダムへの階段を駆け上がっていった。1991年配給の『マイ・プライベート・アイダホ』ではヴェネツィア国際映画祭の主演男優賞を受賞。代表作とされるこの作品での演技は俳優仲間にも評判が良かったという。
1993年、ジョニー・デップライブチャットが所有するウエストハリウッドのナイトクラブ・ヴァイパー・ルームの入口付近で、ヘロインとコカインの過剰摂取を原因として心不全を引き起こし死亡[7]。その最期はレッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト・フリーに看取られた。23歳だった。
出演予定だった『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のインタビュアー役は代わってクリスチャン・スレーターが演じる事となった。ダーク・ブラッドを完成させて、すぐに11月30日からインタビュアーが登場するシーンの撮影を始める事になっていた矢先のことであった。


04/30 14:50

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

堤真一

役者も気乗りせず、事務所に言われオーディションを渋々受ける日々が続く。「今更職歴もないので他に行くところがない。自分には芝居しかないのかもしれない。」と腹をくくったのが35歳の頃であった。
映画『39 刑法第三十九条』で共演した鈴木京香とは結婚目前とまで噂されたが後に
在宅
破局。それ以外にも深津絵里や松雪泰子、小雪との交際が報じられている。
プライベートでは、俳優の古田新太、オダギリジョー、八嶋智人、谷原章介と仲が良い。
2006年には、在籍した西宮東高校の後輩であり交友も深い常盤貴子と、映画『地下鉄(メトロ)に乗って』と舞台『タンゴ・冬の終わりに』で初めて共演した。
2007年には、『忠臣蔵1/47』『GOOD LUCK!!』『HERO特別篇』で共演した木村拓哉と富士通 FMVシリーズのCMで共演。ペンギンのようなポーズをしながら驚くアドリブをおこなったテイクが実際に採用された。
2007年公開の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の初日舞台挨拶で、堀北真希ファンの男性客が突然スタッフの制止を振り切ってステージに乱入しようとするハプニングが起こった際、堤は吉岡秀隆と共に、壇上から取り押さえスタッフに男を引き渡した。堤は制止する際に足を滑らせてステージから落ちたが、怪我はなかった。場内は一時騒然したが、その後在宅チャットレディ監督と男性キャスト陣で再開した舞台挨拶では、丁度この日からスタートしたフジテレビ系ドラマ『SP』でSP(セキュリティポリス)役を演じていることもあり、役柄そのままの体を張ったハプニングを逆手に取り、「今日から『SP』が始まります。」と番宣と笑いを取り、一瞬で会場の異様な雰囲気を消し去ってみせた。


04/29 12:40

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

ゲイリー・オールドマン

ゲイリー・オールドマン(Gary Oldman、本名:Leonard Gary Oldman、1958年3月21日 )は、イギリスの俳優。ロンドンのニュークロス出身。
ゲイリー・オールドマンはアイルランド生まれの母親と、溶接工の父親の間に生まれた。
高額在宅
父親はアルコール依存症で、ゲイリーが7歳の時に家族を捨ててしまう。ゲイリーは子供のころから歌やピアノの才能を発揮していたが、後に演技の道を進むようになる。
狂気を含んだ悪役を演じることが多いが、オールドマン本人は「自分に悪役をオファーする連中は、想像力のかけらも無いのだろう」と、悪役のイメージが付きまとっている事に悩んだ時期もあり、自分の子供に出演作を見せられないことを気に病むことも。自ら志願して家族向け作品の『ロスト・イン・スペース』に出演したものの興行的に失敗。子供から「パパの気持ちは嬉しいけれど、あんな在宅お小遣い駄作に出ちゃダメだよ」と諭されたというエピソードがある。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』出演以降、善玉を演じる回数も増えた。


04/28 12:08

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

古田 新太

古田 新太(本名:古田 岳史 - ふるた たけふみ、1965年12月3日 - )は、日本の俳優、声優、DJ。兵庫県神戸市出身。
所属事務所はキューブ。
逆援助
愛称は「古ちん」。芸名である「新太」は亡き実父の本名に由来する。妻は元タレントの西端弥生。一女あり。
後年、あるテレビ番組に出演した際に「(学生時代は)周りの学生は演技が下手糞ばかりで呆れた」という冗談めいたコメントを残している。
大阪を中心に活動していた時代は、自他共に認めるほど無類の女好き・風俗好きとして有名で、舞台の一部と二部の間に風俗店に行ったとラジオで語っていた。実際、当時は女性ファンの数が男性のファンに比べ圧倒的に多く、女性に良くモテていたらしい。
アメリカのプロレス団体WWEのファンでもあり、よくテレビ出演の時などでも色んなスーパースターのTシャツを着ていたり人妻帽子を被っていたりしている。尚、着用するTシャツ・帽子等のグッズは全て私物である。
確固たるポリシーがあって、携帯電話は持たないことにしている。


04/26 12:07

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

緒形拳

緒形 拳(1937年7月20日 - 2008年10月5日)は日本の俳優である。(ただし、本人の中では芸名の読み方を「おがた こぶし」としている。)
東京府東京市牛込区(現・東京都新宿区市谷)出身。
本名は緒形 明伸(おがた あきのぶ)。長男は緒形逆援助幹太、次男は緒形直人で共に俳優。
1937年7月20日、東京府東京市牛込区で生まれる。
大東亜戦争中、空襲で牛込の家が焼かれた為、小学校二年生の時に千葉県千葉市登戸町(現在の千葉市中央区登戸)に一家で疎開したという[1]。中学まで千葉で過ごし、その後、東京へ戻った。
1957年、東京都立竹早高等学校卒業後、憧れていた新国劇の辰巳柳太郎の弟子になるべく1958年に新国劇に入団し、辰巳の付き人になる。アプリ下積みの彼の才能を評価し抜擢してくれたのは師匠の辰巳ではなく、新国劇のもうひとりの雄島田正吾であった。


04/25 12:39

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

阿部サダヲ

阿部 サダヲ(1970年4月23日 - )は、日本の俳優。本名、阿部 隆史(あべ たかし)。既婚であり、二児の父。

千葉県松戸市出身。松戸市立上本郷第二小学校、松戸市立第六中学校を経て、松戸市童貞立松戸高等学校卒業。松尾スズキの主宰する劇団大人計画に所属し、舞台を中心に多方面で活躍、その演技力には定評がある。同じ大人計画の俳優らと「グループ魂」というバンドを1995年に結成し、ボーカルの「破壊」として活動している。
芸名の由来は、本人の顔色の悪さから松尾スズキに「お前の名前、死体写真な」と言われたが、それが嫌で本人は『ラブ安藤ピース』『江戸川散歩道』を考えた 。しかし松尾スズキから「ふざけんな」と言われ、本名が乱交阿部なので阿部定からもじった名前にすることに。当初『阿部定を』が候補として挙がり、「定を」をカタカナにしてサダヲになった。


04/23 11:35

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)

佐藤浩市

幼少時代、父が家出し母に育てられたため、父との間に確執があった。1986年の映画『童貞人間の約束』で初共演するが、直接関わり合う場面が少なかった。1996年に公開された映画『美味しんぼ』の製作会見では、互いを「三國さん」「佐藤くん」と他人のように呼び、佐藤が「俳優はサービス業」と発言すると、三國が「サービス業などという考え方は間違っている」と言い、映画の発表会見らしからぬ険悪な雰囲気となり、共演の羽田美智子も言葉を失っていた。しかし時代がたつにつれて確執がなくなり、1995年の日本アカデミー賞ではプレゼンターとして三國へトロフィーを手渡した。芸能界屈指のゴルフ好きであり、頻繁に練習場を訪れている。「フジサンケイクラシック」、「サントリーオープン」、「日本メディアシステムカップ」などの大会に出場しアマチュアクリック保証部門で優勝したこともある。また、競馬にも興じており、ペットの亀に競走馬の「トウカイテイオー」の名前をつけた。
音楽鑑賞、特にヘヴィメタルを好み古くはブラック・サバスからメタリカ、さらにはシステム・オブ・ア・ダウンといった最近のバンドまで聴き、さらにカラオケで歌うという筋金入りのマニアでもある。


04/22 12:38

この記事を 編集・削除

[公開] [俳優]

コメント(0件)



Sponsor

Menu

WriterProfile

prof

大根役者

Calendar

まえ  2016/12  つぎ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
-- -- -- -- 01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
-- -- -- -- -- -- --

Category

FriendsEntry

      more>>

NewComments

Search

rss
rss2

QRコード